2004年 10月 28日

操体法一般講習会

おおほり癒養院の操体法一般講習会をうけました。

最初は坐学。操体の考え方、ルーツなどをりょうさんお手製のテキストで学びました。ところでやっぱりりょうさんは、文章が上手いですよね。凝った言い回しがあるわけではないですが、簡潔でわかりやすい文章だと思いました。こういうところもお手本にしなくてはねぇ。

次に日常生活における正しい体の使い方。寝方、立ち上がり方、座り方、果てはペットボトルの空け方まで体に負担を掛けない方法を学びました。ミッチィは「落ちているものの拾い方」が上手い、と褒められました。これからはもっと自信を持って、積極的に拾っていこうと思います(何が何だか)!

そしておまちかね一人操体の練習。今回は単なる「施術」ではなくて、「講習」です。なので「あ~キモチ良かった、ゴクラクゴクラク」でおわっちゃいけないわけですよ。きちんと感覚を学んで、持って帰らなくちゃいけないわけです。これが中々大変でした。ちょっと考えてみてください。例えば、気持ちよーく温泉に入りながら勉強が出来ますか?いい酒を飲んでほろ酔い気分のときに暗記が出来ますか?ってところです。

まあ、とはいっても動作自体は単純なものなので、そんなきばるほどのもんじゃないですけれどね。

最後に少林寺拳法の柔法の練習を少々して、帰宅。
操体が終わったあとは、全身の重さを足裏に感じることが出来ました。この状態で歩くと、なんだか歩くこと自体が楽しい、そしてどこまでも歩いていけそう。もう一つ、操体は内臓にもかなり効きますよ!消化器官がグネグネ動いているのが実感できますし、胃のもたれも完全になくなりました。うーん、すごい。
[PR]

by positivefeedback | 2004-10-28 13:05 | 日記


<< OBが…      演習 >>